戦史ブログ「飢餓の戦場」

For The Peace & Free

アクセスカウンター

戦史と世相ーシリーズ⑥ 「本土決戦~一億玉砕」昭和20年(1945年)

昭和20年(1945年)6月23日、義勇兵役法公布。徴兵対象を拡大、新たな兵役義務が課された。

15歳以上~60歳以下の男子と、17歳以上~40歳以下の女子に義勇兵役、国民義勇戦闘隊へ編入

沖縄戦では、義勇兵役法施行に先駆けて、「鉄血勤皇隊」「少年護郷隊」として、14歳~17歳の少年兵が招集され戦死。女子も戦闘隊に編入できるとされた。

小磯内閣のいう「一億玉砕」の具現である。

そして、米軍の慶良間列島への空爆、艦砲射撃である。

この慶良間列島の占領によって、米軍は沖縄本島上陸への後方支援基地を確保したのである。

米軍の慶良間攻撃は、1300隻の巨大船団、後方補給部隊を含め、54万人が沖縄に押し寄せたといわれ、上陸前には、本島への激しい艦砲射撃を一週間継続、ノルマンディー上陸作戦をはるかに上回るといわれている。

義勇兵役法公布の一月前、5月24日には、日本陸軍の特殊部隊「義烈空挺隊」が連合軍に占領されていた沖縄の嘉手納飛行場と読谷飛行場に攻撃を行っている。

鉄血勤皇隊=太平洋戦争の末期、沖縄県で動員された14~16歳の学徒による日本軍史上初の少年兵部隊である。正規部隊に併合、戦闘に参加し多くの戦死者を出したといわれる。

ひめゆり学徒隊=沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の教師と生徒で構成され、看護訓練によって作られた女子学徒隊。両校の女子生徒222人と教師18名の合計240名、沖縄陸軍病院に看護要員として動員された。敗色濃厚の昭和20年(1945年)6月18日に突如解散命令が出され、翌19日からのおよそ一週間で多数の犠牲者を出し、最終的に、240名のうち136名が死亡。そのうちの10名が集団自決したという。

最大の犠牲者を出した伊原第三外科壕後に戦後、慰霊塔「ひめゆりの塔」が建立される。

この年の出来事をさらってみよう。

1月20日、  大本営、本土決戦を決定。

2月16日、  アメリカ艦隊、硫黄島に徹底砲撃を開始。19日、上陸を開始。

3月6日、   国民勤労動員令が公布。

3月9日、   日本軍、仏領インドシナ軍を武装解除

3月12日、  「アンネの日記」のユダヤ人少女アンネ・フランクがベルゲン・ベル                 ゼン収容所で殺される。15歳。

3月14日、  B29が大阪を大空襲、13万戸が焼失。

3月17日、  硫黄島の守備隊が全滅、2万3000人が戦死。

3月25日、  沖縄・座間味島民が集団自決。

3月25日、  硫黄島の日本軍守備隊玉砕。

4月1日、   アメリカ軍、沖縄本島に上陸開始、総兵力54万。

4月4日、   神奈川県日吉地区へ、B29による大空襲。

4月7日、   14時23分、戦艦大和撃沈される。

4月28日、   イタリア、ムッソリーニ銃殺刑に処せらる。

4月30日、   ヒトラー、秘書エヴァ・ブラウンとベルリンで自殺。

5月8日、   ドイツの無条件降伏文書が発効。ヨーロッパの第二次大戦終了。

5月14日、   最高戦争指導会議で、終戦工作が始まる。

5月24日、   空襲で都区内の大半が全滅、皇居、大本営も罹災。

6月6日、   最高戦争指導会議の御前会議で、豊田軍令部総長ら戦争継続を主張。

6月21日、  生き残った沖縄守備隊や学徒兵らが最後の総攻撃、全滅。

6月22日、  天皇が最高戦争指導会議の構成員懇談会席上で、終戦工作を指示。

7月26日、  対日ポツダム宣言が、米英中共同で発表され、日本は黙殺。

8月6日、    8時15分17秒、B29エノラ・ゲイが広島にウラ二ウム型原爆「リトル・ボーイ」を投下。

8月9日、   11時2分、B29ボックス・カー号、長崎にプルトニウム型原爆「ファット・マン」を投下。

8月9日、   ソ連軍、満州樺太に進軍。

8月10日、  午前2時半、御前会議で、ポツダム宣言受諾を決定。

8月14日、  御前会議でポツダム宣言受諾を改めて決定、天皇終戦証書を発布。

8月15日、  天皇終戦勅書をラジオ放送(玉音放送)、太平洋戦争終結

8月18日、  満州国皇帝が退位、満州国消滅。

8月19日、  ソ連が潜水艦L12を日本のすべての船舶を攻撃するため出撃。

8月30日、  マッカーサー元帥、連合軍最高司令官として厚木に上陸。

9月2日、    東京湾内停泊の米戦艦ミズーリ号上で、日本全権代表重光葵外相が降伏文書に調印。アジア・太平洋戦争が正式に終結する。

9月11日、  GHQ東条英機ら39人の戦争犯罪人の逮捕を命令。

9月23日、  インドネシアの日本軍武装解除のため、イギリス・オランダ軍がバタビアに入る。

9月27日、        天皇アメリカ大使館にマッカーサーを訪問。

10月9日、   米よこせの風呂敷デモを契機に、「主婦の会」が発足。

10月11日、  マッカーサーが幣原首相に、憲法自由主義化、婦人解放など5大改革を指令。

10月11日、  戦後初の企画映画「そよかぜ」が封切り、並木路子の「りんごの唄」が大流行。

10月29日、  日本勧業銀行が第1回宝くじを発売、1等10万円。

11月16日、  戦後初の大相撲が開幕。

11月26日、  69連勝の大横綱双葉山が引退。年寄「時津風」。

12月17日、  B級、C級戦犯の裁判が開始。

12月22日、  労働組合法が公布。