戦史ブログ「飢餓の戦場」

For The Peace & Free

アクセスカウンター

日本戦史の極点「シンガポール占領」

太平洋戦争における日本軍部の、戦争遂行の基本方針は、インドネシア(当時のオランダ領東インド)の石油を中心とした、東南アジアの資源の確保し、そして自給体制を構築したうえで、アメリカやイギリスと向き合うというものであった。

当然に、南方資源地帯からの輸送ルート地域と、その周辺地域のアメリカやイギリスを排除する必要に迫られます。

それゆえに、太平洋戦争の幕開けは、正確には、真珠湾攻撃(昭和16年(1941年)12月8日=現地時間12月7日)ではなく、その1時間50分前に日本軍部隊は、当時のイギリス領マレー半島・コタバル(現在のマレーシア)に上陸を開始しているのである。続いてタイのシンゴラ、パタニなどにも上陸。マレー半島の南に浮かぶ小島・シンガポールを目指したのである。イギリスにとって最も重要な植民地・インドとアジアとの結節点であり、ここには、イギリス東洋艦隊の拠点が置かれ、これが強力な要塞になっていたのである。そのため日本軍は比較的防御の緩慢なマレー半島を南下して、シンガポールを目指すというルートを計画したのである。

イギリス軍との激戦を突破、強烈なスピードで南下、1月11日には、イギリス領マレー半島・クアラルンプールを占領。1月31日、マレー半島最南端・ジョホールバルに到達。激戦を経て、ついに2月15日、イギリス軍は無条件降伏したのである。。

停泊中のアメリカ艦隊を攻撃した真珠湾攻撃と違い、作戦行動中のイギリスは、戦艦の威力が海戦の勝敗を決定づけるという当時の認識を揺るがしたのである。イギリス東洋艦隊の主力艦「プリンス・オブ・ウェールズ」は、爆弾2発、魚雷6本を受け、「巡洋戦艦レパルス」は魚雷5本を受け、沈没したのである。それらはイギリス海軍の誇りであった。イギリスの首相・チャーチルは「・・・これ以上のショックを受けたことはなかった」とその回想録に書いているといわれる。加えてフィリピン、香港などの東アジア・東南アジアの多くの拠点への一斉攻撃を展開したのである

ところで、シンガポール陥落以前の東洋艦隊基地は、イギリスにとって極東司令部の一部をなす枢要なものであったのだが、そもそもイギリスの極東防衛計画は2つの仮定に基づいているという。

その一つが、西太平洋における連合軍勢力としてのアメリカ合衆国が、シンガポールの東洋艦隊とともにあること、そして二つ目が、日本帝国海軍の技術的能力と攻撃力への過大な評価。この二つの前提に立って、日本艦隊と戦うのはアメリカ海軍であると構想。これが昭和16年(1941年)12月7日、真珠湾攻撃によって、マレー防備におけるアメリカ海軍の支援は望めなくなり、加えて、アメリカ陸軍フィリピン守備隊による救援は不可能になったのである。日本の戦力は予想を上回るものだったという。